今年のアマゾンプライムデーは6月か

世界中に1億5000万人以上いると言われる Amazon Prime Member。

メンバーになると様々な恩恵が受けられるが、なかでも商品が直接ディスカウントされる Amazon Prime Day を楽しみにしているメンバーも多いことだろう。

この Amazon Prime Day の期間は2日間。毎年7月に実施されてきたが、昨年はコロナパンデミックによって10月に繰り下げられた。

コロナパンデミックによって Amazon は作業員を一定数自宅待機させ、現場でもソーシャルディスタンスを確保しなければならなくなった。期間の繰り下げは、こうしたロジスティクス上の運用課題を解消する必要があったためだ。

今年も10月前後に実施されるのかと思いきや、複数の報道筋によれば、6月をターゲットにしているのではないかと噂されている。さらに、今年は秋にもこの手のイベントが実施されるのではと憶測もある。

Amazon のスポークスマンであるケイティラーセン氏は明言を避けたが、否定もしなかった。

ではなぜ通常通りの7月ではなく6月なのか。

これは昨年の Amazon の業績に関係があるといわれている。Amazon Prime Day を実施した月は通常よりもセールスが伸びるわけだが、昨年はコロナ発生後の巣篭もり消費によって Amazon 全体の売上が激増。7月を含む第2四半期の業績は急上昇した。

今年の第2四半期の売上も、当然昨年と比較される。急騰した昨年の第2四半期に比べて今年の第2四半期の業績が見劣りしては、年間の決算全体にも影響を与えてしまう。そうならないようにするため、第2四半期に実施するのではないか。と言われているが、これも憶測の域を出ない。

しかしながら、Amazon Prime Day にはデメリットもある。倉庫オペレーションの煩雑さに拍車をかけ、労働環境を悪化させるのだ。

作業員も通常より多く配置しなければならないが、ソーシャルディスタンスの確保など課題は多い。

アラバマ州では数千人の Amazon Worker がユニオンを結成するか否かの投票を開始し、まもなく結果が出る。 ユニオンが結成されることになれば、大きな労働争議が勃発する可能性がある。

今年の Amazon Prime Day にも、影響を及ぼすかもしれない。

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。