年末商戦に向け雇用を拡大させる米流通・物流各社

アメリカの流通、物流各社は第4四半期を前に、数万人規模の雇用増加を計画している。

倉庫内作業員は、8月に3万4400人、9月に3万2200人もの新たな雇用が創出された。

小売業界と物流業界は共に、これからやってくる年末商戦に向けて季節労働者(パートタイマー)の雇用を増やすと宣言していた。実際に、BLSという指標に基づいた現在の物流スタッフの雇用総数は、10年前の約2倍にも達している。

9月、物流業界内のクリエやメッセンジャー部門は1万300人を新たに雇用し、トラック輸送部門は4600人を新たに雇用した。コロナパンデミックにより雇用が急減した米国全体の経済統計とは対照的だ。

3PLプロバイダーのキャパシティ社のジェフ・カイデンCEOは、「e-commerceビジネスは3月より5倍伸びている。今年のホリデーシーズンは、昨年よりも30%多く雇用する予定だ」と述べる。

ウォルマートは先月、2万人の季節労働者をe-commerceファシリティに配置させる予定と述べた。

ターゲットは昨年並みの13万人、XPOロジスティクスは1万人、ラディアルは2万5千人を雇用予定だという。

ワーカーの雇用には、流通、物流各社とも苦労していて、なるべく早く雇い入れようと躍起になっている。

アクセンチュア社は8月に、「今年の年末商戦の買物動向について」という調査を実施した。1517人が回答した調査結果によると、「少なくとも一部はオンラインから購入する予定」との回答が全体の4分の3を占め、「全てオンラインから購入する」との回答も43%にのぼっている。

2020年のホリデーシーズンは、アメリカの流通、物流業界にとって経験したことのない年末商戦になりそうだ。https://www.wsj.com/articles/warehouse-parcel-operators-add-thousands-of-jobs-ahead-of-holidays-11601661457

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。