GAP Pickup Robot 導入前倒し

世界中でアパレルチェーンを展開する米GAP社が、

倉庫内のピッキングロボット導入を急いでいる。

今年のはじめの計画では、

秋までに従来の3倍の106台まで増やすとしていた。

コロナ騒動が本格化するより前である。

ピッキングロボットベンダーは Kindred AI。

その直後にコロナパンデミックが発生した。

GAP社は GAP のほかに、バナナリパブリック、

オールドネイビーといったブランドを手掛けている。

巣ごもり消費でネットからの注文が増加する一方、

倉庫内作業員は十分な補充ができていなかった。 

ソーシャルディスタンスがとりずらい倉庫内では、

むしろ作業員数を減らさなければ

感染拡大を招きかねない。

そこで GAP社は Kindred AI に対し、

納品の前倒しを要請した。

Kindred の COO は、

「実現は容易なことではなかったが、

GAP のテネシー州ナシュビル近郊の倉庫に10体、

オハイオ州コロンバス近郊の倉庫に20体を配置した。

残りの倉庫3カ所のうち、

2カ所は7月中にロボットの投入を実行できそうだ」

と述べる。

このピッキングロボは、

1台で4人分の作業をこなすという。


GAP社はアメリカの倉庫内だけで

6500人の作業員を抱えている。

その多くは、給与水準が比較的高めだという。

ところがGAP社は資金ショートに直面し、

22億5000万ドルの借入を先月おこしたばかり。

GAP社の昨年度の売上高の3分の2は実店舗によるもの。

だがパンデミックが発生し、

この数週間は閉店を余儀なくされている。

不安が募るばかりだが、

テクノロジーを先行して導入することで改善を目指している。

あるシンクタンクは、

「各社はより効率的な作業環境を実現するため、

熟練作業員のみ残し、非熟練作業員は

疲れ知らずで不平も言わないロボットに

積極的に替えようと意欲的になるだろう」

と語っている。

あらゆる分野に影響を及ぼすコロナパンデミック。

小売業界の自動化も、さらに加速させようとしている。

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。