FedEx と Microsoft が複数年契約

FedEx と Microsoft は、

Microsoft が提供するクラウドサービス、Azure について、

FedEx が複数年利用することで合意したと発表した。

Azure はデータを継続的に集積し、

アルゴリズムを使ってコンピューターに分析させるAI、機械学習システム。

FedEx は、パッケージ配送の遅延予測プラットフォームに採用した。

プラットフォームの名は FedEx Surround で、

法人顧客が対象。

まずは小売店に製品をおろす製造業者など、

特定の顧客に限定する。

例えば家電メーカーであれば、

冷蔵庫を運ぶトラックが交通渋滞や雪に

巻き込まれそうな場合はアラートを受け取ることができる。

メーカーの配送責任者は、

その情報をもとにルートを変更することができる。

遅延の予測に加え、より透明な貨物追跡が可能となる。

FedEx と Microsoft は、

「ほぼリアルタイムで商品の追跡ができるようにすることが目標」

「例えば、オハイオ州に在庫が存在するが、

オハイオ州では売れ行きが芳しくない場合。

西海岸でこの商品が売れている傾向が出ていれば、

在庫を西海岸に振り向ける判断ができる。

そういった際の判断スピードを上げることにも使えるはず」

「利用企業は非常に効率的で

機会損失の少ない販売を実現できるはず」

「納品タイミングに非常に敏感な医療メーカーにも大変有用」

などと述べている。

今回の合意に至った背景には

昨年の FedEx と Amazon との提携解消もありそうだ。

生鮮食品大手の Kroger も Microsoft と連携し、

Amazon Go の対抗策として

Azure を利用した無人ストアを展開し始めている。

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。