オクラホマ州 酒類デリバリー許可へ

今回のCOVID-19 のパンデミックによって全米の生活が一変した。

企業もかつてないダメージを受けており、サービスの変革を迫られている。

オクラホマ州議会はアルコール販売に関する新たなルールを設けた。

酒類免許を持っている店舗は州内における個人宅への配送とCurbside Pick を許可されることになった。

先日州内のABLE委員会が試験的に許可していたが、このたび州議会により恒久的に認める法改正がなされた。

Curbside Pickup とは、店員が車まで商品を運んでくれるという意味では、ドライブスルーサービスと変わらないが、Curbside Pickupアプリから事前に注文しておき、車到着時に商品をピックアップする点が異なる。 待ち時間が少ない。

ABLE委員会とはアルコールやたばこ販売における公共的利益を保護するための組織委員会。州議会とALBE委員会が協力して法改正に至った。

対象店舗は、酒屋のみならず、コンビニ、食料品小売、レストランやバーも含む。

生産者である醸造所やワイナリーは Curbside Pickup のみ許可。配送は認めていない。

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。