さらに拡がるドライブスルー

消費大国にして自動車大国であるアメリカが生んだドライブスルー。

新型コロナの感染拡大が続くなか、

採用する店舗ががさらに増えている。

米大手ドラッグストアの WALGREEN は、

全米7300店舗でドライブスルーサービスを開始した。

対象商品はクリーニングサプライ、ペーパーグッズ、

ファーストエイド、市販薬など約100種類で、

処方箋の薬品は対象外となる。

先般3月時点では対象商品を60種類と発表していたが、

大幅に増やした形だ。

ネット注文と異なり、事前の注文は受け付けていない。

店に車で乗り付けて、

ドライブスルーカウンターで注文する必要がある。

空いていれば商品が届くまでその場で待てばよいが、

混雑時は注文後に再度時間をおいて商品をピックしにきてもらう。

WALGREEN の RICHARD ASHWORTH 社長と広報は、

「現在のCOVID19パンデミックの最中、

消費者は店内に入ることを嫌がる。

ネット注文では手元に届くまで数日かかるという不便さが残る。

SOCIAL DISTANCE を確保したまま安全に買い物をしたい。

そんなニーズに応えるために、

必要な商品を素早く購入して自宅に戻れるよう

ドライブスルーサービスを開始した」

と述べている。

WALMART や TARGET は昨年、

ネットで注文した商品をドライブスルーで受け取る

クリックアンドコレクトを開始した。

利用者数は、このパンデミックによって確実に伸びている。

ウィスコンシン州を中心に展開するホームセンター、

ブレインズファームアンドフリートは

2016年からクリックアンドコレクトを実施しているが、

46店舗のローカルチェーンのため

市場に影響を及ぼすほどではなかった。

シアーズは2009年にクリックアンドコレクトを始めた、いわば先駆者。

しかし利用者が伸びず、

2013年にはサービスを停止している。

このように失敗例もあるが、現在の状況を鑑みた場合、

消費者にとってのドライブスルーニーズは高まってきており、

流通の1ジャンルとしての地位を確立したといっていい。

消費者は SOCIAL DISTANCE に慣れ、

ドライブスルーの利便性を知った。

新型コロナの影響が無くなってからも、

採用例はさらに増えるかもしれない。

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。