需要落ち込む米鉄道貨物

アメリカで、貨物列車の運行数に変化が起きている。

アメリカレイルロード協会の発表によると、

今年4月に運行された Carload は98万535台。

1年前の4月と比べ、25.2%減少も減少している。

「Carload」とは貨車のこと。

貨物はバルクの状態で載っていて、

トラックへ積み替える際は、積み下ろしの作業が必要になる。

同じく Intermodal Container も減っている。

「Intermodal Container」とは、

海上コンテナをそのまま載せて運ぶシャーシのこと。

列車から積み下ろす際は、

海上コンテナごとクレーンで吊ってトラックに載せればよい。

こちらは17.2%減少の109万5423台となった。

同協会のシニアバイスプレジデントのジョングレイ氏によると、

25.2%Dropは1989年以来、

17.2%Dropは2009年以来の落ち込みだと言う。

これを受け、

CSX、Kansas City Southern、Norfolk Southern、Union Pacific

といった鉄道会社が、

4月から貨物列車を減便している。

米東部に鉄道網を持つ CSX の CEO・ジムフット氏は、

週5日の営業はもはやできない状態だと述べている。

新型コロナの影響で輸入貨物が著しく減少しているため、

西海岸から中西部、東海岸へ伸びる

大陸横断鉄道の需要もひどく落ち込んでいる。

減便の直接的な要因となったのは、

中国国内の工場停止の影響だ。

中国では新型コロナの拡大はすでにピークを過ぎたとされ

工場も操業を再開したが、

輸出需要は未だに低い状態だ。

ロサンゼルス港のジーンセロカ氏は、

しばらくこの状況が継続しそうだと述べる。

コメントを残す

Powered by WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。